Where it all began
Where it all began

2014年リリース・1st フルアルバム "Where it all began"
本作では2曲で2名の女性ゲストヴォーカルが参加。アルバムの世界に美しいマッチングと広がりを見せている。
様々な聴き所がある本作だが, このユニットの一番の土台であり特徴なのが, Philipが作り出す心地よいエレクトロニックなサウンドと, その上で自由に歌い飛び回るJunのギターである。
日本のアーティストやゲーム音楽からの影響も強く併せ持ち, チップチューンアーティストとしても活躍する Philip Lindén ,そしてこの手のギタリストには珍しく, メロディにはスライドギターを多用し, 一方ソロではテクニカルに滑らかに飛び回る Jun Kudo のサウンドが強力に絡み合い, Pocket Galaxy は独自の世界を作り上げて行く。

Pocket Galaxy
Pocket Galaxy

2013年リリース・1st EP "Pocket Galaxy"

ギタリスト Jun Kudo とチップチューン・アーティスト Philip Lindén とのユニット Pocket Galaxy は【Philipによる "TVゲームの世界を彷彿とさせるサウンド" と, Junの "メロディックでテクニカルなギター" の融合】を基本コンセプトとし, 2008年に初のコラボ曲を制作&レコーディング。これが後にこの EPに収録される "Ignoring Gravity" となる。

以降, 様々な可能性を模索しながら楽曲を制作し, 2013年春に同曲を含んだ1st EP "Pocket Galaxy" をリリース。時にチップチューン色も感じられるサウンドを土台に, 様々なジャンル要素を取り込みながら独自のスタイルで消化した楽曲を展開している。

Rpbotprins
JSK Guitar School